伊藤栄一

名誉指揮者

伊藤栄一  1950年、東京音楽学校(現芸大)本科器楽部卒。指揮法を金子登、渡辺暁雄、クルト・ヴェスの各氏に、ピアノを水谷達夫、作曲を高田三郎の両氏に師事。1951年、金子登氏主催の東京オペラ協会によるプッチーニ作曲『トゥランドット』、続くヨハン・シュトラウス作曲『こうもり』(共に本邦初演)の公演の際に副指揮を担当。1953年、二期会設立と共に二期会合唱団常任指揮者として『フィガロの結婚』、『魔笛』、『カルメン』、『椿姫』等数多くのオペラ、演奏会を指揮した。又、『アマ―ルと夜の訪問者』(メノッティ)、『五つの花の歌』(ブリテン)、『四季』(田中利光)、『前奏曲』(小林秀雄)、『叙情曲集』(尾形敏幸)等、現代曲の初演を行ってる。一方、1954年5月より青山学院大学グリーンハーモニー合唱団の常任指揮者として26回の定期演奏会を担当し団の発展に貢献、引退後もオール青山の『メサイア』等を指揮している。又、1986年「東京カントライ」を設立し現在までに28回の定期演奏会を行っている。 教育の分野においては、1957年より東京芸術大学講師として、ソルフェージュ、合唱、指揮法、オペラ実習等を担当、1966年より東京学芸大学教授、福島大学、福岡教育大学講師を歴任し、門下生の中から多くの逸材を輩出している。 現在、東京学芸大学名誉教授、創価大学講師として後進を指導している。